くま子は、くまサンが好き!(裏)
21歳派遣社員★内緒の社内恋愛中 同タイトルブログの裏バージョン★
Hな2人?!
先週末は温泉テーマパークに行きました。
2人で行く温泉テーマパークはココで2箇所目。

何といってもリラクゼーションルームがイイ☆

小さなテレビモニター付きのリクライニングシート。
バスタオルを掛け布団にして、まったり…

こっそり触り合ったり…

下のいじり合いです!

途中、何度かくまサンの指が入ってきました。
声を出さないように頑張っていると、
予想以上に濡れていたらしく“くちゅくちゅ”と音が聞こえてきて、
恥ずかしくて余計に感じてしまいました。

その後、くまサンが
「結構濡れててビックリしました!」といっていました。


翌朝、温泉テーマパークを出て歩き始めると周りに全然人がいない!
ここぞとばかりにチューする2人。

いつも、「人がいない!」とか「人が見ていない!」と思ったら
ソワソワ・チラチラ・チュッ…みたいなことしてます。

楽しくて嬉しくて大好きな遊びの1つ。

エスカレーター、エレベーター、人気のない歩道…

以前エレベーターは、濃厚なキスの後にカメラを見つけたという経験がトラウマとなり
カメラがないかどうかを確認してからするようになりました。

2人きりでエレベーターに乗り込むと、
何食わぬ顔をして、カメラはないかと天井をキョロキョロと見るくまサン…
可愛い



温泉テーマパークに泊まった為、何も出来なかったので
もう一泊、一緒にいてくれるというくまサン。

最近は2〜3時間くらいしか寝ていなくて疲れているのに…
ありがとう。

さて、久しぶり(よく考えたら実は、5日振り…)にしたらビックリ。

最近、恒例となった白濁液確認なのですが、
今までに見たことのない量がゴムの中に溜まっていて驚きました!

「すごい量だね!?」
「ずっと忙しくて抜けなかったからね」というくまサン。

よく、
「くまサンも一人でするんですか?」
と聞くと、
「くま子さんの事を思い出しては、しています」なんて話を聞いていましたが
イマイチ想像できない、と感じていました。

なんとなく信じ難い。

しかし今回、納得できました。

本当にしてるんだ!!


で、この夜もくまサンに舌でご奉仕していただいたのですが、

ビジネスホテルだから「あんまり声出さないでね」っていわれるわ、
あまり暗くない部屋なのに、思いっきり開脚させてまじまじみるわ、
達した後も、どんなにお願いしても止めてくれないわで

くま子のMな気持ちが刺激されました。

ちょっぴりSな、くまサンも好きです

ランキング・広告などはこちら、
<center></center>
タグの間に設置してください。
必要ない場合はhrタグに囲まれている部分
すべてを削除してください。

【2006/05/22 23:55】 未分類 | トラックバック(-) | Comments(72) | ▲ PageTop
久々の勤務中のチュー
最近、偶然勤務中に職場で逢えて
いつもの非常階段からいつもの場所に行っても
チューしていませんでした。

以前はよくしていたもので、
激しかったです。

盛り上がっているところで誰かが非常階段に入って来る、
不自然に離れる二人…(― ―;)

最近は手をつないで、お話して、じゃまたねって感じ。
多少大人になった感じも…。

ある日、それはもしかして勃っちゃうからしなくなったのかな…と
ふと思ったこともありました。


今日も偶然くまサンに逢えました。

クスクス笑いながら上る非常階段、
いつもの場所で手をつなぎながら外を眺める。

ゴールデンウィークのどこかで休みを取れたらいいなぁ。
旅とかしたいなぁ。
遊園地に行って近くの宿に泊まろうか。

なんて、楽しいプランを聞かされてくま子大興奮!

「じゃあ、行きますか」と解散の合図。

しぶしぶ非常階段を降りようとしていた私を
彼はニコニコしながら踊り場の端へ追い詰める。

彼が何をしようとしているのかが分かった瞬間、
胸が高鳴るのが分かった。

一週間以上逢えなくて、一人Hも我慢している体は
それだけでも感じてしまう。

彼の唇が優しく触れる。

そっと侵入してきた舌にも嬉しくて答える。

引き寄せるように彼の首筋を撫でる。

角度を変えてまた深いキスを続ける。


彼から冗談交じりのついばむような可愛いキス。
2人で笑いながら最後にもう一度可愛いキス。

「じゃ、僕はこっちから」
と言って非常階段の外へ。

私は一人階段を下りる。
彼の感触のまだ残る唇を手で覆いながら。

まるでファーストキスを持っていかれたかのような
新鮮で、刺激が強くて、幸せな気分がしばらく続きました。

ランキング・広告などはこちら、
<center></center>
タグの間に設置してください。
必要ない場合はhrタグに囲まれている部分
すべてを削除してください。

【2006/05/01 23:32】 未分類 | トラックバック(-) | Comments(3) | ▲ PageTop
3週間ぶりの2人
くまサンが忙しくて逢えなくなるから
気を紛らわす為に始めたブログ…

逢えるようになると、更新しません…(^^;)あは

先週は、三週間ぶりにくまサンに逢いました。

日曜日のお昼に逢って、都内をプラプラ。
くまサンが以前住んでいたエリアとか、今住んでるエリアを旅しました。

夜8時頃に何やら一人ソワソワと悩み始めたくまサン。
「どうしたの?どうしたの?」
「うーん…シャワーの浴びられる所に行きたいなと…」
「行こう行こう!!」

シャワーといえば、
くまサンは独身寮に入っています。
だから、廊下は息を殺してキョロキョロしながら歩き、
風呂トイレは共同で私が使用するのは容易なことではありません。

ですから、
「やることは外で済まして、部屋では寝るだけ」が
基本となります。

前回初めて寮に泊まったら、隣の部屋の人のイビキがよく聞こえました。

チューしたり、服の上から触りあったり、押し付けあったりが限界でした。

で、今回も寮では無理なんだろうな、という事で
お宿で大いに燃え上がろうと思い、下着を着けずに行きまた。

「問題です。今日の下着は何色でしょう?」
「白?ピンク?…まさかっ、透明?!」

で、結局そのまま達するまで舌でご奉仕されました。

さて、めでたく久々に一つになれたくま子とくまサン。
「ずっとこうしたかった…」
「ずっとこうして欲しかった…」


「男が本当に愛を感じる時は“イッた後”。
 男性はイッたら気分がサーッと冷めてしまうので、
 この時『あぁ、本当にコイツで良かったな』と思えたら本物だ、
 という話をテレビで見たんだ。
 ちょっと不安だったけど、良かった…
 今、『くま子さんで良かった』って思ってる。」


嬉しくて泣きました。

ランキング・広告などはこちら、
<center></center>
タグの間に設置してください。
必要ない場合はhrタグに囲まれている部分
すべてを削除してください。

【2006/04/24 23:12】 未分類 | トラックバック(-) | Comments(0) | ▲ PageTop
初デート 初チュー
初めてのチューは、初デートの帰り道でした。

ウチの近所。。。
送ってもらったんですが、送り狼人間です!

くまサンはモロ好みだったもんだから
くま子は期待と言うか妄想と言うか…

お付き合いしましょう、って話になったら嬉しいなぁ
くらいに思っていたら…

まさか唇を奪われるとは…(笑)


お店を出たら手を握られました。
それまでの楽しい雰囲気とは違って、真剣な表情でした。
私はかなりドキドキしていました。

嬉しさと緊張で心臓がうるさいのです。

込み合った電車に乗り込むと
抱き寄せられました。

男の人の胸の中なんて初めてです。
「心臓の音がする…」

私の家はもうスグです。
まだ離れたくない二人。

彼は私をギュッと抱きしめました。

すると、

近くの居酒屋から酔っ払いが出てきました。

パッと離れて、
「もう一軒行きますか?!」

そのもう一軒を探しにフラフラと歩いていると
人気の無い所に来てしまいました。

彼は私の肩を抱き、建物の陰に入りながら
「キスしていい?」と聞きました。

「…うん…でも、初めてだからどうしたらいいか分からない」
「そう?」

うわー!どーしよう!どーすればいいんだ?!

初チューだよ!!
ファーストキッスだよ!!

本当にファーストなもんだから、唇がチュッて感じかななんて思っていたら…

何か入ってきた?!

舌がっ?!

タンがっ?!

きゃー、いきなりベロチューかい?!

そのうち、唇同士触れるのが気持ちよい事に気付き
「あ…これ気持ちいい」とか言ってる私。

私は初めてだって言ってるのに
「じゃぁ、コレは…?」と言って

耳を丁寧に舐める彼。
ゾクゾクっと感じる私。

ヒドイ…しかし、中々やりますなぁ…

一体、どれだけの時間チューしていたのでしょう??

「さて、もう一軒探しに行きますか?!」
と言って歩き出したのはいいのですが、

一周して元の場所に戻って来ました。

「あ、さっきの所だ…」

すると彼は私の肩を強く引き寄せました。


振り出しに戻る


そのうち、
「どこか泊まらない?」と聞かれました。

「一緒にお風呂入って、一緒に寝るだけ」
「……ダメ。」
「どうして?」
「……………生理中だから(本当に)」
「そ、そうか…ごめんね?」

と、言うわけでその日は大人しく帰りました。

しかし、あの初めてなのに刺激の強い接吻が忘れられず
しばらく興奮したままでした。

ランキング・広告などはこちら、
<center></center>
タグの間に設置してください。
必要ない場合はhrタグに囲まれている部分
すべてを削除してください。

【2006/04/15 23:50】 未分類 | トラックバック(-) | Comments(3) | ▲ PageTop
もう我慢できない!
同じタイトルでブログをやっておりましたが、

そちらはくまサンに見せる用。

こちらでは、こんな事書いてるなんてくまサンに見せたくない
けど書きたい、残したい…

そんなエロい記憶
思い出から最新の出来事まで
適当、かつ気合を入れて描いていこうと思っております。

ランキング・広告などはこちら、
<center></center>
タグの間に設置してください。
必要ない場合はhrタグに囲まれている部分
すべてを削除してください。

【2006/04/15 10:56】 未分類 | トラックバック(-) | Comments(224) | ▲ PageTop
| Home |




05 | 2017/06 | 07
[S] M T W T F [S]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

裏くま子
  • Author:裏くま子
  • 21歳派遣社員☆
    愛しのくまサンと
    あんな事、こんな事…
  • RSS
ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES


CATEGORIES
LINKS